ニンテンドースイッチ版「大図書館の羊飼い-Library Party-」初回限定版を買いました

2018年7月31日

FORTUNE ARTERIALが今年で発売10周年だそうですね。そんなに経ったんだ。
おめでとうございます。

さて、ニンテンドースイッチ版「大図書館の羊飼い-Library Party-」初回限定版を買いました。

大図書館の羊飼い初回限定盤パッケージ

「大図書館の羊飼い」がスイッチで出るとは思ってなかったよ。嬉しい。
過去に移植された、Vita版をベースに高解像度になってます(Vita版は未プレイ)。

オーガストは好きなメーカーだし、スイッチで出るなら買うしかない。

元はWindows用のゲームです。Windows版も持っているけどね。

初回限定版なので、ソフトの他にもいろいろ特典が入ってます。

大図書館の羊飼い初回限定盤特典

イラスト集、小説、12キャラのコースター、おやすみボイスCD。

CEROのレーティングはDです。
17歳以上対象ですね。

ニンテンドースイッチという事で携帯したり、テレビに繋いでプレイできます。

実は、Windows版を遊んでいた時にPC用ディスプレイじゃなくて、テレビで遊べないかなーとHDMIで出力して繋いでみたことがあります。
その時はテレビで見るにはフォントが小さくて読みづらく、諦めました。

今回の移植はテレビでのプレイが前提になっているのでフォント周りはどう調整してるのかなと思っていたら……。

大図書館の羊飼いゲーム画面

フォントサイズはそれほど大きくありませんが、黒縁があって文字がはっきり見やすくなっています。

大図書館の羊飼いゲーム画面フォント

(ついスマホで撮影したけど、スクリーンショットを撮れば良かったな……)

たしか、Windows版はフォントを縁取りしてなかったんじゃないかなぁ。
現在、メイン環境がLinuxになっていて起動がちょっと手間なので未確認。

今回の移植に関してはレジスタという会社が担当したようです。

ソフトのパッケージにはオーガストのコンシューマ用ブランドのARIA表記になっていますね。

ところで、スイッチでニンテンドーeショップで見ると、メーカーがエンターグラムになってるんだけど……これで良いの?

大図書館の羊飼いニンテンドーeショップ01

間違ってるんじゃないの? うーん?
流通がエンターグラムなのかぁと思ったけど調べた限り、流通はハピネットみたいっぽい。

大図書館の羊飼いニンテンドーeショップ02

それはともかく、じっくり楽しく遊びたいと思います。

幻になった「FORTUNE ARTERIAL」のコンシューマ移植は難しいだろうけど、できれば「夜明け前より瑠璃色な」や「穢翼のユースティア」、「千の刃濤、桃花染の皇姫」もスイッチで出してほしいなぁ。

amazon.co.jp
大図書館の羊飼い -Library Party- 通常版 – Switch

こんな記事も書いてます。フィギュアのレビューです。
「穢翼のユースティア」 ユースティア・アストレア -セラフィック・エディション-

メーカー公式サイト:Nintendo Switch『大図書館の羊飼い-Library Party-』Web Site

2018年7月31日ゲーム

Posted by フォルノ