プレイヤン ミクロ その2

2018年7月26日

連休中にROにログインしたいなぁ。う~ん。

さて、毎日の通勤に最早なくてはならない存在になっているプレイヤン ミクロ。
当初は、SDカード内のデータを頻繁に入れ替える使い方を想定してたのですが
実際に使ってみると、面倒くさくて入れ換えなんて殆どしてません。

気にいった曲をMP3で放り込み、そのまま繰り返し聴いているという感じです。
こうなると1GのSDカードまでしか使えないという制限も厳しく感じてきますね。MP3でもそんなに曲数入りませんし。

これについては、使用者が面倒臭がらずに入れ換えするなり、カードを複数使用するなりでカバーかな。
HDDではない分、耐久面は安心できるのが良いところなのですが。

しばらく使って思ったことは、音質、機能はポータブルという事を考えれば十分なレベルではあるものの、
操作性には若干難あり、という事でしょうか。

GBAソフトな分、DSで使ってももちろんタッチパネルは意味ないわけですがゲームソフトを遊ぶ場合には、操作性を非常に優秀に感じた十字ボタンによる操作が
音楽プレーヤーとしてみると、若干難ありというところ。

問題は、DS(GBA)が両手で使用する構造になっているという部分。
当たり前だけど、これがポータブル音楽プレーヤーとしては足を引っ張ってます。

DSの場合、何をするにも両手で本体を持って、パカッと開いてそれからボタン操作ですからね。
リモコンなどでの片手操作ができない分、ここはやはり煩わしさを感じます。

それ以外はバッテリーの持ちも良く、DSやGBAを持っていてゲームもするけど、音楽を聴くのも一台にまとめたいというのであれば選択の余地にいれてみるのも面白いかもしれません。

音楽部分を後付けにするなら、低コストなのも魅力でしょう。
使い勝手そのものは、きっとiPodあたりに及ばないでしょうけどね。

さて、先日Wii買いました。

これについても後日書いてみようかな。
あれ、これは……。

2018年7月26日ゲーム

Posted by フォルノ