一番くじプレミアム 高嶺愛花 プレミアムフィギュア

2018年8月25日

マナカ表紙の週刊アスキー買いました。

一冊で良かったはずなのに、気付いたら五冊買っていた。たまには良いかなぁ。

さて、フィギュアについて書くのは久しぶりになります。
ブログに書かないだけであれこれ買ってはいるんですけどね。

フィギュアの記事って書くのがちょっと大変で(というか撮影が大変で)、過去のヴィヴィオで燃え尽きてからは書いてませんでした。
当時、ボークスのはやても載せたいと言ってたんだけど手が回りませんでしたね。

そんな中、ラブプラスの立体物に手を出す事になりまして。
マナカのフィギュアはなんとしても撮影したいなぁと。

では、一番くじのマナカです。

「一番くじプレミアム NEWラブプラス A賞 高嶺愛花 プレミアムフィギュア」

スレンダーでありながらも、出るとこ出ているプロポーションはマナカっぽい。
もう少し胸がおっきくても良い気はする。

次にお顔。

似てるような。似てないような。
がんばっているとは感じますけど。

もっと頬がぷにぷにしてても良いんじゃないかな。

そして左サイド。

部活で鍛えられたスラっとした脚に目が行きますね。
下校中のワンシーンなんだっけ。

右サイドから。

引き締まりながら柔らかさも感じる太ももからお尻へのライン。
揺れるポニーテールとセーラー襟には動きを感じるね。

小物のバッグも良くできてます。

ポニテはもうちょっと長くても良いような。
レース生地になっているNEWマナカのリボンもそれらしく再現されています。

正面から。

この角度だと表情がやや残念か。
ウサマナカのキーホルダーが見える。

ウサマナカ、私も持ってたんだけど耳がもげちゃった。
長い耳が引っかかって取れやすいんだよねあれ。

左手アップ。

爪に塗装してあります。作りは案外細かい。

後ろから。

もう、そんなに短いスカート穿いちゃって。
どうしても足の付け根に目が行ってしまう。

見えちゃいそう~><
スカートの白いラインは綺麗に引いてありますね。

台座と革靴。

台座には左足一本で固定。

キャラ名とプラスマークがプリントされてます。台座はショボい。

革靴の塗装はとても良いです。革っぽい感じがよく出てる。

上半身と下半身の分割でスカートも外れます。接着されていないので外すのは簡単。
色移り防止のフィルムを取る為に、下心がなくてもスカートを一度は外す事になります。

パンツはシンプル。色気のなさはマナカらしいかも。
接着なしってキャストオフしてくれと言わんばかりですね。

もちろんスカートを剥がしちゃいます。

絶景すぎる。
ってか、どんなシチュエーションなんだ。

心なしか、無表情なウサマナカが邪悪に見えてくるよ。
パンツにスジはありません。

私はスジが入っているのは好みじゃないので安心した。
よーし、悪ノリして目隠しプレイしちゃうぞー。

プレイを喜んでるマナカに見えるような。ハァハァ。

彼氏がヘンタイだと彼女はタイヘンですね。ハァハァ。

えーと、気を取り直してまとめに入りますが、塗装のはみ出しもなく、色合いも落ち着いていてなかなか品のあるフィギュアかと思う。
肌はもうちょっと血色が良くても良いんじゃないかな。

顔はなかなかマナカと感じない部分もありますが、トータルの出来には満足してます。

余談。
撮影前に汚れ落としのコンパウンドが見当たらなくて、歯磨き粉で代用したらシトラスの香りが付いちゃった。
すぐ消えるだろうけど。

さてさて、久しぶりのフィギュア撮影でしたが、やはり楽しいですね。
パンツを撮ってる時なんてもう楽しくて楽しくて仕方がなかったよ。
またパンツ、じゃなくてフィギュアも撮っていきたいな。

続く、かも。

続きました。

一番くじプレミアム 小早川凛子 プレミアムフィギュア

一番くじプレミアム 姉ヶ崎寧々 プレミアムフィギュア

2018年8月25日ラブプラス, フィギュア

Posted by フォルノ