ラブプラス+のギャラリー完全引き継ぎとバックアップ

2018年8月22日

ラブプラス+は前作ラブプラスから彼女をお引っ越しさせられるのですが(セーブデータのコピー機能)、その機能に疑問があったのでちょっぴり検証。

前作のラブプラス(以下、無印)からラブプラス+(以下、++)のデータ移行ではなく、ラブプラス+同士でのデータ移行ってどれくらいできるの? というのが疑問でして。
++のカートリッジが二枚になったので調べてみたい。

1.ギャラリー完全引き継ぎはラブプラス+同士でも使えるのか

無印で取得したギャラリーデータを++にコピーする機能である、ギャラリー完全引き継ぎ。
取扱説明書では触れられていませんが、この機能が++同士でも使えるのかどうかを検証。
用途を考えるとできないのが当然だけど、無印も++も似通った作りだから使えたりして。

試してみる。

まず、親機(左)から子機(右)へDSダウンロードソフトを使って引き継ぎソフトをダウンロード。
無印→++の場合、このソフトを中継して子機から親機にデータがコピーされる。
双方のDSに++を入れて検証。

やってみると、親機側で受信失敗と言われる。
子機側でもラブプラスのカードが見つからないと言われる。
子機側のカートリッジは++ではなく、やはり無印でなくてはならないようだ。

結論。ラブプラス+同士ではギャラリー完全引き継ぎはできない模様。

2.データ送受信で送れるデータの範囲

次は本命。データ送受信という機能を試してみる。
こちらはラブプラス+同士でのセーブデータを送受信する機能。
取扱説明書によると引き継がせられるのは、主人公のプロフィール、彼氏力、基礎彼氏力、彼女との仲の良さ、メールの履歴、カレンダーの履歴、名刺のデータ、ギャラリーのデータとある。

++で新しく追加された名刺データに対応しているが、同じく追加されたご当地ラブプラスのデータについては言及されていない。
こちらも試してみる。

まずキャラクターのセーブデータのコピー確認。
「いいえ」を選ぶと、何もコピーされず終了。

「はい」でコピーされる。まぁプレイデータの事です。

次に名刺データのコピー確認。

「いいえ」を選ぶと終了。セーブデータのコピーだけで終わる。

「はい」で名刺データをコピー。

名刺は自分の物ではなく、過去に通信して取得した他人の名刺がコピーされる。

次はギャラリーのコピー確認。

「いいえ」を選ぶと終了。

「はい」でギャラリーデータをコピーして、全て終了。

確認すると、キャラクターのセーブデータはきちんとコピーされている。

CGギャラリーもコピーされている。

思い出ギャラリーや夢ギャラリーなどもコピー済み。

ご当地ラブプラスも全部コピー済み。

取説には書かれていませんが、ギャラリーデータにご当地ラブプラスも含まれるようですね。

というわけでデータ送受信を使えば、別のラブプラス+カートリッジに全てのセーブデータをコピー可能です。

思いつく用途はやはり定期的なバックアップでしょうかね。
手間もそれほどかからないし、長期間に渡る彼女との積み重ねに保険をかけられるのは良いかも。

DSソフトのセーブを消失した経験はありませんが、紛失や盗難、火災等々、もしもは考えられますからね。

他にもリセットしづらいゲームなので、リセット前提の検証データ作成にも使えるかも(やるかどうかはともかく)。

追加の検証要素として、上書きコピーなのか差分コピーなのか確認したいな。

無印から++へのギャラリー完全引き継ぎが差分コピー、いわゆるマージだからおそらく同様だとは思うけどね。

さてROと比べると、ラブプラスは検証記事が少なくて知りたい事を検索しても出てこない場合が多いんですよね。
やり込んだプレイヤーには当たり前な知識でも、ネット上や攻略本に載っていない事柄も少なくないと感じます。

ってわけで、自分で調べた事は今更っぽい検証でも書いて残していきたい。

自分で試してみる、検証してみるって楽しみ方はROで学んだ事です。
ROでは何千回も試行を重ねて統計を出したりする人もいて頭が上がりませんな。

と、一応このブログはROがホームグラウンドのつもりなので、このように締めておきたい。

2018年8月22日ラブプラス

Posted by フォルノ